ちょっとしたこと

今までいろいろ彼女にプレゼントを与えてきたが、どれも自分にとっては自信作ばかりだ。

はっきりとどれがいいのかと言ったときに、おれならどれかな?と悩んでしまう。

なぜなら全てが良いからだ。そこで自分が考えた。

自分がえらぶ商品はどれがいいのかを言うのではなく、彼女に1番良いものをえらんでもらうのがいい。俺があげたのだから、絶対にいいに決まっている。

さてどれがいいのかその方が興味がある。

そこで彼女に聞いてみると、もっと悩んでくれるかと思ったのだが意外と即答してくれた。

やはりそうかと私も安心した。

なぜなら彼女がえらんだ商品はスワンクラッチだからだ。

彼女自身が身を持って体験し、これが1番いいと思えるものはやはりスワンクラッチにちがいないからだ。

やっぱり自分が選ぶ商品は最高だ。

彼女もとても良かったと言っていたのだが、これは群をぬいていると言うことだ。

だからこれを選んでくれたわけだ。

面白いのだが付き合っていると大体どんなものが欲しいかとは思いつくのだ。

わかってくるので彼女がこういった情報があることを知らなかったとしても、そういったものが欲しいな~ってことがなんとなく付き合っていればわかってくる

だからこそ、スワンクラッチは自分にとってピッタリの商品というだけではなく、彼女に理想系の商品がこれか?と言えるのだ。

そう言ったものをプレゼントできる男が真のダンディーであり、こういったことをきちんとプレゼントできない人間はダメだと思っている。

ちょっときつい言い方だが、こういうことがすべてを左右するんだ。