やっぱり口紅をプレゼントした

とうとう口紅までプレゼント

のブログを書いたときに批判までいただいた俺。

男のくせに口紅なんて渡しやがって、と言う意見をたくさんいただいた。

ちょっと待ってくれ!

彼女に口紅を渡すといってもお前たちは渡したことがないのか?

それってどうしてなんだ言ってみろ

はっきり言って買うのが恥ずかしいんだろう?俺はそうは思わない。

大事な彼女が可愛らしい口紅ぬって何が悪いんだ?

その唇を俺が奪うんだぜ?自分の唇をかったみたいなもんだろう?

それのどこがいけない説明してくれよ。

男なのに、とか男だからとか、そういった理由でいちいち俺にいちゃもんつけるのはやめてくれ。

はっきりとこの口紅のよさは女が1番よく知っている。だからこそ俺は必ずその口紅買う。

そしてその口紅を彼女がぬってきてくれる。そして俺は必ず彼女を誉めてあげる。

これの何がいけない?1つのルーティンワークというかサイクルみたいなものを

しっかりと持ち合わせているのがカップルじゃないのかい?

それがないカップルなんてただのクズじゃないのか?本当は付き合ってると言いながらも付き合っていないんじゃないのか?

表面上だけの付き合いをしているからそういうことがないんじゃないのか。

本当に好きなら、裸になって道を歩けと言われたら俺は堂々と町の中を歩くことができる。だって彼女のために歩くことなんてなんてことはないからだ

でもそこで恥ずかしいという気持ちが起こっていること自体間違ってるぜ。

とにかく俺はまた彼女にヌレヌレをプレゼントした。

これは種類が豊富だからいくつ渡しても彼女は満足してくれるよ。